今後レビトラジェネリックのバリフが復活する事はあるのか?

バリフの復活は今後あるのか?

バリフの復活は今後あるのか?

バリフはレビトラのジェネリック医薬品でインドの製薬会社が製造、販売を行っていました。

インドでは特許法について他国と違い、薬の一部特許を認めていなかったため、他国であれば作ることが出来なかったレビトラジェネリックを製造することが出来ました。

しかしレビトラの開発、製造を行っているバイエルがこれに対し訴訟を起こし、レビトラの有効成分であるバルデナフィルを含む医薬品の販売と製造の中止を求める裁判を起こし、製造禁止に関して認められ、製造停止が決定されました。

ちなみにすでに製造された在庫に関しては販売禁止が決定されなかったため、数に限りはありますが、購入できる可能性はあります。

そこで気になるのはバリフの製造が復活し、再販する可能性はないのか、ということだと思います。

レビトラの1錠あたりの価格は高いため、長期的な使用を考えている人にとって1錠あたりが200円前後と非常に安いバリフの復活は大きな意味を持ちます。では実際はどうなのでしょうか。

正直なところ、製造禁止になったため、現段階で復活し再販することは難しいことが言えます。どうしても欲しい場合はインターネットを利用し、個人輸入を行っている薬の通信販売業者に在庫があるかどうかを確認する必要があります。

しかし安さと確かな効果もあり人気が高いため、在庫切れになっている可能性があることは否めません。

またレビトラの特許が切れたらバリフの製造も再販も復活することは可能になるかもしれませんが、その場合は日本国内でも製造することが可能になるため、もしかすると日本製のレビトラのジェネリック医薬品を安く購入することが出来る可能性があります。

そのため人によっては海外製を購入しなくても、と無理に購入しない人も出てくるかもしれません。

ところでバリフを購入するためには薬の通信販売業者に在庫があるかどうかを確認する必要性があることを先述しましたが、注意することは1つあります。

それは悪徳業者から購入しないことです。確かな効果と安さのために人気がありますが、中にはそれを悪用し、ただのサプリメントや全く異なる成分で作られた粗悪な薬を本物と偽って販売している可能性があります。

そのため必ず信頼できる薬の通信販売業者から購入することが大切になります。

適正価格よりも非常に安い価格や異なる容器に入っていたりすれば偽物の可能性がありますし、また口コミで効果のある薬を販売しているかどうかでも正規の販売ルートを確保しているかどうかも判断できますので、下調べを忘れずに行いましょう。