バリフは製造が中止になったけどバイアグラジェネリックは大丈夫?

バイアグラジェネリックも大丈夫?

バイアグラジェネリックも大丈夫?

EDに悩んでいる男性は意外と多いようです。あるデータによると国内では、男性の3人に1人の割合でEDに悩んでいると言われています。

このようなデータがあるほど、EDは男性にとって身近で大きな問題です。とてもデリケートな問題となるEDですが、今はクリニックでの治療によって解消できる時代となりました。

EDで悩んでいる方は思い切って、クリニックを受診してみてはいかがでしょう。ED治療を専門に行っているクリニックでは、ED治療薬を処方し治療する方法がメジャーです。

国内で認可されているED治療薬には3つの種類があり、その中で最初に処方され始めたのが「バイアグラ」です。バイアグラと言えばED治療薬とピンとくる方が多いのではないでしょうか。

バイアグラは「世界で最も認知されているED治療薬」と言われているほど、多くの男性に支持されています。バイアグラに含まれる有効成分のシルデナフィルによって、勃起力がアップしEDを改善出来るという仕組みの薬です。

1錠の錠剤を服用するだけで、EDを解消できる手軽さから世界中で爆発的な人気となりました。ただ、バイアグラの処方には健康保険が適用されません。自由診療となっており費用は全額負担です。

クリニックや量によって価格は変わりますがバイアグラの場合、1錠につき約1500円前後が相場となっています。

ED治療にかかる金額を出来るだけ節約したいという場合は、バイアグラジェネリックを試してみてはいかがでしょう。ジェネリック薬品は新薬に比べ、購入する際の金額がリーズナブルです。

バイアグラのジェネリックも1錠につき約1000円程度と、通常のバイアグラと比較した場合3分の2程度の価格帯となっています。

ただ、ED治療薬のジェネリック薬品の中には法律に違反しているとして、販売中止になってしまった種類もあるようです。バイアグラのジェネリックも今後、販売が中止されるような事が無いのか気になる方もいるでしょう。

ジェネリック薬品や新薬の特許が切れたら、他の医薬品メーカーも製造できる仕組みとなっています。バイアグラの特許は2014年5月に切れたので、製造しても法律違反とはなりません。

法律に則ってバイアグラのジェネリックは各医薬品メーカーによって製造・販売されている事もあり、販売が中止されるという事は今の所ありません。効果も通常のバイアグラと同じですし、安心して服用する事が出来るでしょう。