販売中止ってバリフ以外のブリトラやサビトラもなくなるの?

その他のジェネリックは大丈夫?

その他のジェネリックは大丈夫?

EDで悩む男性は多いですが、こうした悩みも治療を受けることで改善が期待できます。

ED治療には様々な方法がありますが、特に手軽に取り入れることができる方法に薬の服用があげられます。

薬は性行為の前に飲むことで効果を発揮してくれますが、あくまでも飲んでいるときだけの作用ですので性行為のたびに薬が必要です。

そして薬の価格もけっして安くはありませんので、できるだけ安く入手したいと考えている人は多いのではないでしょうか。

レビトラは即効性に優れたED治療薬として知られていますが、レビトラジェネリックは同じ有効成分で同じ効果効能が期待できながらより安く購入できるということで注目されています。

特にバリフは人気の高い薬で、個人輸入などで入手しているという人も多いのではないでしょうか。

個人輸入は日本ではまだ販売されていない海外医薬品やそのジェネリックなどを購入することができ、しかも低価格で医療機関に行く手間がないということで多くの人に利用されています。

特にED治療薬は人気となっており、国内で処方されているものよりも多くの商品の中から選べるということもメリットです。

レビトラジェネリックであるバリフは同じ成分で作られているにかかわらずレビトラに比べてかなり価格が抑えられていますが、残念ながら現在は販売中止とも言われています。

バリフが製造販売されなくなった理由も知っておきたいですが、特に薬に問題があるというのではなく主成分であるバルデナフィルの特許が原因とされています。

バルデナフィルを開発したのは大手製薬会社であるバイエルですが、バイエルが特許のことで裁判を起こしたことからバルデナフィルを含む製品を他社から製造販売することを禁止しましたので、2017年1月に製造が中止され、現在販売されているものは在庫のみとなっています。

バリフはもちろんですが、他社から製造販売することが禁止となっていますので、他の会社から製造販売されていたレビトラジェネリックの入手も困難になることが予想されます。

とはいえ、レビトラそのものは製造販売が行われていますので、医療機関で今まで通り入手することができますし、他のED治療薬のジェネリックは変わらず販売されているものもありますので、費用を抑えてED治療を行うこともできます。

そして、レビトラの国内での特許はあと数年で切れることとなりますので、その後は国産正規品のレビトラジェネリックが購入できることが期待されています。